【最短55日】1年未満でスピード離婚した芸能人18名!最速記録はあの女性タレントだった

芸能界には、結婚から間もない期間で“スピード離婚”する夫婦が少なくありません。

また、出会いから間もない期間での“スピード結婚”されている方も多くいます。

今回はスピード離婚した芸能人を、結婚していた期間や離婚原因と共にご紹介していきます!

遠野なぎこ×一般男性 55日

遠野なぎこさんは、2014年5月5日に再婚。お相手は、元プロボクサーでバー経営者の男性でした。

2009年にご結婚された際も、72日間で離婚に至りましたがそれを上回るわずか55日間という期間での離婚となりました。

結婚前は幸せオーラ全開で、挙式やウェディングドレスの理想を語り結婚を楽しみにしている様子でしたが、結婚後わずか55日間で離婚となってしまいました。

離婚理由については、「私の自尊心の低さが一番の原因」と発言しています。

 

離婚後もお相手の方とは交際は継続されていたそうで、「結婚していた時よりも仲良くしている。(結婚指輪に関しては)恋人なので外す理由がない。離婚届を提出する時もつけたままでしたね」と会見で語っています。

 

今後の再婚の可能性に関しても発言されていて、「結婚したいとは思わないけど、3回も4回もすると思う」とのこと。

とはいえ離婚されたお相手の方とは離婚後も交際されていたということなので、婚姻関係は解消されても心の距離は変わらなかったようですね。

葉月里緒奈×一般男性(寿司職人)2カ月

奔放な恋愛が騒がれていた葉月里緒奈さんは、ハワイ在住の寿司職人と2001年に国際結婚されましたがわずか2ヶ月で離婚となりました。

葉月里緒奈さんは、結婚前から俳優・真田広之さんとの不倫や野球選手・イチロー選手との熱愛などが報道されていて“魔性の女”と称されていたほどです。

寿司職人の一般男性とは、出会って4日で電撃結婚されています。

なんと逆プロポーズで、葉月里緒奈さんから結婚を申し込んだとのこと。

 

しかし、結婚して2、3日目で早くも離婚を決めていたと発言されています。

「結婚を決めるまでが短かったので、彼のことを理解出来ていなかった」「離婚原因は、価値観の違い」と語りました。

 

離婚した当時は「もう今後10年20年は結婚したい気にならないと思う、願望もないですし」と宣言していた葉月里緒奈さんでしたが、その数年後には不動産会社勤務の男性と再婚。

その方とも離婚し、更に別の男性と再婚されていたことがわかりネット記事に取り上げられていました。

山本太郎×一般女性(元美人プロサーファー) 3カ月

2013年7月の参院選に東京選挙区で初当選した俳優の山本太郎さんも、わずか3カ月で離婚されています。

お相手は、18歳年下の元プロサーファーの女性。

交際期間1カ月での電撃結婚でしたが、92日間で結婚生活は破綻しました。

離婚後1年間は、離婚を隠して「母と妻と3人暮らし」と発言していましたが、離婚が明らかになり随分と批判を浴びました。

 

選挙中に離婚歴を隠していたことについて、「元妻は虐待を受けていた。義父とマスコミから彼女を守るために隠していた」と説明しています。

山本太郎さん曰く、家に帰れるのが1ヶ月に1〜3回だけという生活が続いたことで奥さんから「しんどい」と切り出されたことが離婚の原因となったということでした。

林下清志×一般女性 4カ月

テレビ朝日系のドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』で、長年にわたる取材を受け注目されていた林下清志さんも最短4カ月でスピード離婚しています。

ビッグダディ

引用元:https://tanteim.xyz

林下清志さんといえば、男手ひとつで大家族を支えながらも何人かの女性と結婚と離婚を繰り返していました。

その中でも最短で離婚となったのは、5人目の相手である三由紀さんとの結婚でした。

 

お二人は、出会ってからわずか3カ月で電撃結婚。入籍の経緯も特殊だったようです。

まずは林下清志さんの自宅で同居をしようという話でしたが、その際に三由紀さんが戸籍謄本を持ってきていたので「それなら今日婚姻届を出そう!」ということになったとのこと。

 

勢いとスピード感がまさに電撃結婚ですね。

離婚理由としては、「価値観はほぼ一致しているんですが、どうしても一致しない点があって・・・この決断に至りました。」と、はっきりとしたことは語っていません。

 

離婚当時「今は結婚願望はないんですが、でも否定はできないです。」と発言していますが、その後2回結婚し2回離婚されています。

福井裕佳梨×一般男性(元会社役員) 6カ月

アニメ『天元突破グレンラガン』のニア・テッペリン役や『ガンダムGのレコンギスタ』ラライヤ・マンディ役を務めた福井裕佳梨さんは、元会社役員の男性と半年で離婚しています。

2016年8月に結婚された際に、自身のブログで馴れ初めを報告していました。

 

そのブログによると、(結婚から)6年前の夏に当時体調を崩して悩んでいた福井裕佳梨さんに優しい言葉で支えてくれていたとのことです。

離婚報告はあったものの離婚の理由については、お二人からのコメントはされていません。

しかしスポーツ新聞によると、夫婦間の考え方の違いが理由の一つでお互い離婚については納得している模様です。

菊田あや子×一般男性 6カ月

タレントで芸能レポーターの菊田あや子さんは、結婚からわずか半年で離婚しています。

お相手の一般男性とは2015年9月に出会って3カ月でスピード結婚。

友人の紹介で出会い、「若々しくて趣味も合う、立派な人だと思った」と相手の方の印象を語っています。

 

4回目のデートで結婚を申し込まれたことについては、「早くてビックリしたが、人生初の経験でしたし断る理由もなかった。」という思いでプロポーズを受けたようです。

しかし結婚してから数週間で価値観のずれに気づき始めたといいます。

 

離婚の決め手となったのは、旅行に誘った菊田あや子さんに対しお相手が放った「人に見られるじゃないか。」という言葉だそうです。

それ以前に元旦那さんは、家族にも紹介せず周囲にも結婚のことは伏せていたとのこと。

 

ご自身の経験から、「相手の暮らしぶりや金銭感覚、価値観をよく知ってから住み始めること。籍なんて最後で良い、熟年だからゆっくりでいい」と、熟年結婚を考えている人々に向けて想いを伝えていました。

 

そんな菊田あや子さんは、2021年に“明るく前向きに終活に取り組む意義を詰め込んだ書籍”『エンジョイ!終活』を発売しました。

created by Rinker
¥880 (2022/09/27 04:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

その中で語られた終活の柱は「婚活」でした。

「この先の人生は心を許し会える素敵なパートナーと穏やかに安心して歩いていきたい」と決意を表明しています。

吉川ひなの×IZAM 7カ月

タレントの吉川ひなのさんとビジュアル系バンド「SHAZNA」ボーカリストのIZAMさんは、1999年2月に結婚され、7ヶ月で離婚しています。

結婚した当時はIZAMさんが26歳、吉川ひなのさんが19歳という若さでした。

1998年1月のドラマ共演がきっかけで交際がスタート。

吉川ひなのさんのお兄さんとIZAMさんが友人関係にあり、元々吉川ひなのさんとIZAMさんは顔見知りだったようです。

 

結婚会見では、お揃いで鼻にピアスを付けて壇上でも手を繋いだままでいたお二人。

記者からの質問に対する受け答えも、独特な世界観をもつお二人ならではの発言で話題になりました。

 

挙式後、新婚旅行へと旅立ったお二人でしたが帰国してから吉川ひなのさんが塞ぎ込んでいる様子が続いたことから、早くも不仲説や離婚の噂が流れ始めていました。

6月に予定していた結婚披露宴をキャンセルし、そのまま同年9月に離婚を発表しました。

結婚会見での様子からは想像できませんでしたが、結果的にわずか7カ月で離婚に至ったことから世間からは『ままごと婚』と呼ばれていたようです。

杉田かおる×鮎川純太 7カ月

女優でタレントの杉田かおるさんの初婚のお相手は、日産グループの創業者のお孫さんである鮎川純太さんでした。

玉の輿かと思われましたが、わずか7カ月でスピード離婚となりました。

知人の結婚式で出会い意気投合し、わずか2ヶ月で結婚に至りました。

2004年のクリスマスイブに、鮎川純太さんから「結婚していただけますか?」とプロポーズを受けたそうです。

 

テレビ番組で結婚披露宴の様子も放送され、豪華なウェディングケーキに2人で入刀するシーンで杉田かおるさんが号泣する姿が映されていました。

幸せな結婚のはずが、なぜわずか7カ月で離婚に至ったのでしょうか?

 

当時の報道によると、結婚後すぐに別居状態になってしまったそうです。

杉田かおるさんが語っていた離婚の原因は、暴言を受けたなどの内容。

 

「週刊ポスト」に杉田かおるさんの主張が掲載されたのですが、鮎川純太さんは事実ではないと発行元の小学館に対し損害賠償2000万円を求める訴訟を起こしました。

結果、鮎川純太さんの勝訴となり、東京地裁は小学館に対して賠償金800万円の支払いと謝罪広告の掲載を命じることとなりました。

 

離婚後、杉田かおるさんは再婚されたと報道されています。

江角マキコ×桐島ローランド 9カ月

江角マキコさんと元ファッションモデルで写真家の桐島ローランドさんは1996年2月29日に結婚し、その9ヶ月後の同年10月頃に離婚されています。

江角マキコさんは女優やタレントで活躍されていましたが、2017年に芸能界引退を発表しました。

お二人は出会って短期間で結婚。江角マキコさんからプロポーズしたそうです。そのプロポーズとは、「うるう年で29日があっておもしろいから明日入籍しよう」という内容だったとのことです。

お似合いのお二人でしたが、その後わずか9カ月で離婚してしまいました。

 

離婚に至った理由を江角マキコさんは「ひらめき」と答えています。入籍も電撃だったことから「ひらめき結婚のひらめき離婚」と世間から呼ばれていました。

桐島ローランドさんは三菱系のお坊ちゃまで、一般家庭で育った江角マキコさんと生活環境や性格に感覚のズレがあったことが離婚の原因なのではないかとも言われていました。

 

お二人の間に子供はいなかったのでスムーズに離婚は成立しましたが、交際期間の短さや軽はずみと捉えられるような結婚理由・離婚理由によって江角マキコさんだけが世間から叩かれていました。

離婚後は、お二人共再婚し子供にも恵まれてそれぞれ家庭を築いているようです。

石井慧×一般女性 9カ月

北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリストの石井慧さんは、2010年に当時女子大生の志賀美香さんと結婚されました。

お二人は2010年1月にハワイで知り合い、交際3ヶ月でスピード結婚。

出会った当時、志賀美香さんは金メダリスト石井慧さんの存在は知らなかったそうですが意気投合して急接近したとのことです。

 

交際を始めてからは志賀美香さんが日本とハワイを往復して愛を育み、交際3ヶ月で「今結婚しないと、もうしないよ」と石井慧さんからプロポーズしたそうです。

まだ大学生だった志賀美香さんですが、「いつも引っ張ってくれるから」と安心して結婚を決めたそうです。

 

料理上手な石井慧さんは、料理はもちろんのこと洗濯や掃除方法の自身のこだわりを志賀美香さんに教え込み「一生懸命教えたことをしようとする努力家な性格も好き」とデレデレでしたが、その後わずか9カ月で離婚してしまいました。

離婚の原因はなんだったのでしょうか?

 

石井慧さんは、「もっと結婚に慎重になるべきだった。反省しています。」と語りました。

石井慧さんが単身でロサンゼルス修行を決めた際に、都内の大学に通う志賀美香さんとすれ違いの日々が続き少しずつ距離ができてしまったという話もされていました。

離婚後は、歌手である林明日香さんと再婚しましたが3年で離婚されています。

佐々木恭子×池田裕行 9カ月

長年フジテレビの看板アナとして活躍されていた佐々木恭子アナは、2005年5月にTBSの報道記者である池田裕行さんと結婚されました。

佐々木恭子アナは初婚でしたが、お相手の池田裕行さんは再婚でした。

結婚報告時に佐々木恭子アナは、「こんなに理解しあえたり、支え合ったりできる人はいないと思い、二人で新たな一歩を踏み出すことにいたしました」とコメントしましたが、結婚生活は長く続かず9カ月で離婚してしまいました。

佐々木恭子離婚

離婚の原因は「多忙による生活のすれ違い」と報じられていましたが、佐々木恭子アナの浮気や二股が原因なのではという噂もあったようです。

離婚後、佐々木恭子アナは会社員の男性と再婚。

 

その方との間に出来た娘が8歳の時に、「ママって一回離婚してるの?」と池田裕行さんとの過去について聞かれたことがあるそうです。

「ママも人生で失敗から学んだから、パパと出会えて幸せなんだ」と、用意していた回答をしたとのことです。

小室哲哉×吉田麻美 10カ月

小室哲哉さんは、自身が決済した音楽ユニット「dos」「Kiss Destination」のASAMIこと吉田麻美さんと2001年に結婚しています。

1999年頃から小室さんからの猛アプローチで交際に発展したようです。

吉田麻美さんは、「最初は遊ばれているのかなと思いました。当時は華原朋美さんと付き合っていると言われていましたから」と当時の心境を明かしています。

 

2001年5月に吉田麻美さんが妊娠し、小室哲哉さんも赤ちゃんができたことをとても喜び結婚に至りました。

出産の際には、小室哲哉さんが病院に泊まり込んだり「絶対に産む時も付き添う」「産休も取る」と、吉田麻美さんにベタぼれだったようです。

 

しかし同年9月に出産後、その後は小室哲哉さんが家に帰らないことが多くなり同年11月には別居することになってしまいます。

離婚の決めてとなったのは小室哲哉さんの不倫でした。

 

別居が始まってから数日後、吉田麻美さんが荷物を取りに自宅に戻ると、なんとベッドルームに女性の荷物が置いてあったそうです。

不倫相手は、吉田麻美さんの相談相手でもあった「globe」のKEIKOさんでした。

 

その裏切り行為から離婚に至ったとのことです。

夫のみならず信用していた友達の裏切りは、衝撃的ですよね。

 

小室哲哉さんとの間にできた子供は成人を迎え、吉田麻美さんは再婚せず娘と二人で暮らしているそうです。

白石涼子×一般男性10カ月

声優の白石涼子さんは、2012年9月に結婚しその後2013年7月に離婚されています。

白石涼子さんは、声優の中でも珍しい官能映画の吹き替えも担当し話題になった大人気声優です。

近年、声優同士の結婚も多くなっていますが白石涼子さんのお相手は会社員の一般男性でした。

 

白石涼子さんは以前から「30歳までに結婚をしたい」と周囲に打ち明けていたそうです。

結婚したのが29歳最後の日だったので、結婚できたことを心から喜んでいました。

 

声優仲間やファンの皆さんからとても祝福された結婚でした。

そんなお二人がなぜ、わずか10カ月という短い期間で離婚してしまったのでしょうか?

 

気になるところですが残念ながら、ご本人から詳しい離婚理由については語られていません。

しかし白石涼子さんのブログでは、精神的に参っていることや体調を崩していることが度々書かれていました。

 

声優以外にもラジオのお仕事や音楽活動などで多忙を極めていた時期なので、すれ違いの生活が続いていたことが考えられますね。

白石涼子さんは2013年7月に、「ご報告」と題したブログを更新。

 

「突然のご報告となりますが、私白石涼子は離婚いたしました。」と離婚を報告しています。

30歳までに結婚したいという気持ちから、結婚を焦ってしまったことも一つの原因になったとも考えられますね。

まとめ

以上、1年以内にスピード離婚した芸能人をまとめましたがいかがでしたか?

離婚と再婚を繰り返していてイメージが定着している方や、まさかこの人が・・・という意外性のある方もいらっしゃいますよね!

 

最短での離婚は、55日間。

遠野なぎこさんと一般男性の結婚から離婚までの期間でした。

 

芸能人の場合が離婚となると、派手な報道をされてしまうので大変ですよね。

しかし結婚には複雑な事情が付き物なので、現在もスピード離婚をする方は少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。